無料で簡単な操作性。チャットツールZoho Cliqで円滑なコミュニケーションを

リモートワークなど多拠点でのコミュニケーションに欠かせないのが、チャットツール。現在、日本国内の企業でも、メールではなくチャットワークやSlackなどのチャットツールを活用して、スピード感のあるコミュニケーションを行うところが増えてきています。今回は、Zoho社のチャットツール「Zoho Cliq」について解説します。

 

簡単、無料で使えるチャットツールZoho Cliq

Zoho Cliqとは、簡単な操作性で気軽に導入できるチャットツールです。チャットワークやSlackなどのチャットツールと同様、リアルタイムでメッセージをやりとりできるため、チーム内でのコミュニケーションを円滑化しプロジェクトの推進に役立ちます。

おもな特徴は、下記の2つです。一つずつ解説していきます。

  1. 無料で無制限のストレージとビデオチャット
  2. スマホでいつでもどこでもアクセス

 

無制限のストレージとビデオチャット

Zoho Cliqでは、チャットを使って無制限のメッセージをやりとりすることが可能です。

また、文面のみのコミュニケーションにとどまらず、ファイルの共有や音声通話、ビデオ通話を行うことができ、これらも制限なしで行うことができます。

これらの機能はすべて無料で使うことが可能です。

 

スマホでいつでもどこでもアクセス

Zoho ホームページより引用

Zoho Cliqは、パソコンはもちろん、アプリをダウンロードすればスマートフォンからのアクセスも可能です。

パソコンと同様、テキストでのメッセージ送受信、音声やビデオでの通話、ファイル共有を行うことができます。

 

Zoho CliqはZohoアプリとの連携利用におすすめ

Zoho ホームページより引用

Zoho Cliqは、Zohoの他のビジネスアプリとの連携性に優れていることも魅力です。

Zoho CRMなどZoho社の別のツールで更新された情報を取得し、チャットに表示することができます。商談の受注やアプリのダウンロード状況、メール配信、期限の超過など、さまざまな情報をCliqで通知したりリマインドしたりすることが可能です。

また、他社のアプリとも連携が可能で、有名なものでは、メール配信ツールの「Mail Chimp」、タスク管理ツールの「Trello」、ストレージ共有ツールの「Dropbox」、カスタマーサポートプラットフォームの「Zendesk」などがあります。それぞれのツールから、必要なタイミングで必要な情報を受け取り、ボットを作成して通知を送信することなどができます。

連携することで、必要なリマインドや通知などをCliqで確認することができるようになるため、使用するツールが散らばってしまっている方、Zohoをすでに使っていてチャットツールの導入も検討されている方などにおすすめです。

 

無料で使えるZoho Cliq、有料プランとの違いを比較

Zoho Cliqは登録しているメンバー間であれば、チャットや音声・ビデオ会話、ファイル共有などの基本的な機能が無料で無制限に使える点が魅力です。

対して、Zoho Cliqの有料プランは、1ユーザーにつき月108円(500人を超えるユーザー組織で年間、税抜き価格)で利用できます。

有料プランのみでできることには、おもに下記があります。

  1. 検索可能なメッセージ数が無制限(無料プランの場合10,000件まで)
  2. 拡張機能が100件まで
  3. 外部ユーザーとのチャットが可能

Zoho Cliqは無料でも十分にコミュニケーションが取れるチャットツールですが、パートナーやベンダーなど外部の人とのやり取りにもチャットを使用したいという人は、有料プランを使うと良いでしょう。

 

Zohoを使用するならZoho Cliqでコミュニケーションの活性化を

Zoho Cliqは、無料で手軽に使うことができるチャットツールです。チャットワークやSlackなどに比べると機能が物足りないと感じる人もいるかもしれませんが、社内の日常的なコミュニケーションツールとして使用するにはまったく問題ありません。

Zoho社の他のビジネスアプリを使用している方は、Zoho Cliqも一緒に導入を行い連携などのカスタマイズを行うと、より便利さを実感してもらいやすいのではないかと思います。

弊社トライエッジでは、Zoho Cliqや、他のZoho社のビジネスアプリの導入・運用支援を行っています。Zoho CRMやZoho Cliqにご興味がある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。