Zoho CRMとSenses、機能や価格を徹底比較!

Zoho CRMとSensesはどちらも比較的安価で使いやすいSFA/CRM機能を持つツールとして好評です。本記事では、この2つの価格や機能についての比較情報をお伝えします。どのような企業に向いているかにも触れていますので、ぜひ参考にしてください。

 

Zoho CRMとSensesの価格と機能を比較

Zoho CRMとSensesは、CRM(顧客管理)とSFA(営業支援)双方の優れた機能を持ち合わせています。どちらも比較的安価で導入できるツールとしても知られています。

比較的機能と価格帯が近いこの2つのツールの違いを見ていきましょう。

  Zoho CRM Senses
外部ツールとの連携性
CRM機能
カスタマイズ性
初心者の使いやすさ
最も利用されているプランと価格 エンタープライズプラン
4,200円
スタータープラン
25,000円/5ユーザー

Sensesは国内1,300社、Zoho CRMは世界の15万社以上と、企業の利用実績には大きく差があります。

価格についても見ていきましょう。Sensesは、最低価格の「スタータープラン」が5ユーザーまで使えて25,000円、6ユーザー以上は1ユーザーごとにプラス5,000円で、最低契約期間は一年です。

Zoho CRMの有料プランでもっとも安いものは1ユーザーあたり1,440円で、機能は制限されますが無料での利用も可能です。最も利用されているエンタープライズプランは、充実したSFA機能も加わり、1ユーザーあたり4,200円です。Zohoの最低契約期間は1ヶ月なので、まずは試しに導入してみたいというニーズに応えられる手軽さもあります。

価格帯が近いSensesのスタータープランとZoho CRMのエンタープライズプランの機能についても比較します。Zoho CRMもSensesもシンプルなインターフェースにより、使い勝手は抜群です。いずれも、AIの技術を使って、記録・履歴情報から次のアクションをアドバイスする機能も持ち合わせています。

Sensesの魅力は、個々の案件がカード形式、いわゆるカンバン形式で表示される点です。ただ、シンプルさを保つために表示項目はほぼ固定されています。自社の業務・特性に合わせた独自のカスタマイズを望む企業には不足を感じる点が多いかもしれません。導入後の運用に際しては、メールやチャットでの日本語サポートがあるため心強い支援が得られるでしょう。

一方、Zoho CRMは、利用可能な機能が豊富に用意されているものの、自社に必要な機能だけを抜粋して選択できます。さらに、ユーザーごとに表示する項目をピックアップ、レイアウトも個々の担当業務や役割に合わせて自在に設定可能です。ドラッグアンドドロップで簡単にカスタマイズできる点も魅力でしょう。Sensesのようにチャットでのサポートはありませんが、メールや電話、ヘルプページなどは用意されています。強力なサポートを求める場合は、Zoho CRMを熟知した代理店に依頼するのがおすすめです。

 

どちらがおすすめ?Zoho CRMとSenses

Zoho CRMとSensesの違いがわかったところで、それぞれのツールがどのような企業に向いているかを解説します。SFA/CRMの機能についてはどちらも基本的要素をカバーできるため迷われる方が多いかもしれません。貴社の状況に照らし合わせながら、導入検討や選択の材料にしてください。

 

Zoho CRMがおすすめな企業

営業活動管理のほか、顧客管理やマーケティングのために外部ツールとの連携を充実させたい企業に向いています。メールやSNSなどの連携ツールでのやりとりの履歴もZoho CRMで一元的に管理できるのが魅力です。

ユーザー数や有効機能に制限はありますが、永久無料で活用できる無料プラン(サポートは英語のみ)も用意されています。スタッフ数がまだ少ないスタートアップ企業や小規模企業も気軽に試せるでしょう。もちろん、1,000人を超える中規模企業でも機能的には十分なキャパを備えています。

 

Sensesがおすすめな企業

企業規模としては、社員10名前後から300名ほどの中小企業におすすめです。利用開始後の日本語サポートも充実しています。スタッフがCRM/SFAツールを使いこなして有効活用できるか心配な企業も安心して使えるでしょう。

どちらかというとSFA(営業支援)をメインとしたツールなので、営業活動のための機能の充実度を求める企業に最適です。

 

SFA/CRM両方の機能をリーズナブルに使用するならZoho CRM

Zoho CRMは、SFA(営業支援)だけでなく、CRM、すなわち顧客管理やマーケティングのための機能も充実しています。必要な機能だけをピックアップしてシンプルさを保てるのも魅力です。一方のSensesは、SFA(営業支援)の機能に優れています。

自社の業務や必要性に応じて費用対効果の高い選択をしましょう。Zoho CRMを導入したいと思われた方は、ぜひトライエッジへお問い合わせください。貴社にピッタリのCRMシステムの構築・導入を日本語でしっかりサポートします。