初心者でも視覚的にHTMLメールが作れるMailChimp(メールチンプ)

メールマガジンは、オンラインマーケティングで効果的にユーザーアプローチする手法として、現在も多くの企業が採用しています。この記事でご紹介する「MailChimp」は、メールマガジンのコンテンツ作成から配信までを一括で管理できる便利なメール配信ツールです。MailChimp自体はアメリカでサービスをスタートしていますが、日本でも幅広く活用されています。

 

MailChimp(メールチンプ)の機能や使い方


MailChimpはアメリカ発のサービスであるため、現在は英語版のみの対応です。しかし、視覚的にわかりやすいインターフェースで画面が構成されているため、多少の英語力があれば利用が可能です。

メルマガを作成して配信するだけではなく、顧客の状態に応じて自動でメール配信をする「オートメーション機能」が大きな特徴です。

 

ステップメールもできる!MailChimpの機能

MailChimpの機能には、メールマガジンの作成・送信、顧客情報の登録・管理、Facebook・Instragram・Googleと連携した広告配信があります。その他にステップメールというマーケティングオートメション機能が実装されています。

ステップメールとは、ユーザーの状況に応じて配信内容・時期を自動的に調節し、メールを配信する機能です。以下のような要素に合わせて、ユーザーごとにメールを自動配信します。

  • メールの開封/未開封
  • WEBサイトの商品閲覧履歴
  • 誕生日
  • メルマガ内の特定URLのクリック履歴

 

MailChimpの登録方法や使い方

MailChimpの登録は、WEBサイト上から行います。メールアドレス、ユーザ名、パスワードを入力し、登録したメールアドレス宛に来る仮登録案内メール内にあるリンクをクリックすると、アカウントが正式に作成されます。

グラフィックインターフェース上で全ての操作が行えるため、HTMLメールのような比較的難しいメルマガの作成も、テンプレートからメールフォーマットを選択し画像素材をドロップするだけで作成できます。ユーザー側が触れる文面は、全て日本語訳することが可能です。

 

無料で使えるのはどこまで?MailChimpの料金プラン


MailChimpの料金プランには、無料プランと有料のビジネスプラン(1ヶ月10ドル)プロプラン(1ヶ月209ドル)があります。

無料プランでは、受信者数が2,000人まで、1ヶ月に送信できる通数が12,000通までです。カスタマーサポートは、利用開始してから最初の30日のみとなります。マーケティングオートメーションも無料で利用できますが、細かいステップメールの設定は利用できません。また、MailChimpが提供するメールフォームのロゴもMailChimpのロゴとなります。

一方、有料プランでは配信数は無制限です。カスタマーサポートは利用開始してから30日以降も利用できます。MailChimpが提供するメールフォームのロゴは自社ブランドのロゴに変更することができます。

 

HTMLメールが楽に作れるMailChimpでマーケ担当の作業を軽減!


ほぼ手作業でメールマガジンを作成して配信するこれまでのメールマーケティングとは異なり、MailChimpは配信までに必要な作業を大幅に効率化しました。そのため、マーケティング担当者が本来注力すべきメールコンテンツの企画やKPIの改善に集中することが可能となりました。

MailChimpは無料でオートメーション機能を利用することができるので、もしメールマガジンを使ってみたいと考えている人は、試しに導入してみることをおすすめします。

弊社トライエッジでは、メールを使った顧客へのフォローなど、メールを使ったマーケティング手法もアドバイスいたします。顧客へのアプローチ方法やメールマガジンの活用法などでお悩みの方は、ぜひお問い合わせください。