[延長]テレワーク助成金を活用してのZoho CRM導入【応募締切:2020年6月1日】

【最終更新:2020年5月12日】

東京都テレワーク助成金の申請締切が延長となりました。

テレワーク助成金申請締切日:2020年6月1日(月)


新型コロナウィルスの対策として、テレワークが推奨されておりますが、東京都独自の施策として「テレワーク助成金」が施行されました。これは、在宅勤務などテレワークを新たに実施する企業に向けて、その環境を整えるための費用を東京都が助成するというものです。

テレワーク助成金についての東京都からの告知ページ

今回の助成金は、申請要件が「常時雇用する労働者が2名以上999名以下で、都内に本社または事業所を置く中堅・中小企業等」と幅広く、東京都の多くの中小企業様にご活用いただけるものになっております。

また助成率は10/10で、基本的には全額が助成される制度です。

 

Zoho CRMは顧客管理・商談管理をクラウド上に行うもので、営業チームが出社しなくても自宅で業務を行えるようになるITツールです。テレワーク助成金の対象にある「クラウドサービス」に該当します。

 

新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐためにテレワークの導入が叫ばれるなか、私達が何をすべきか検討を重ねてまいりましたが、トライエッジではこのテレワーク助成金を活用したZoho CRM導入パッケージを提供することとしました。

 

Zoho CRM テレワーク助成金活用導入プラン

新たにご用意したプランでは、Zoho CRMの運用設計から導入支援まで、テレワーク助成金を活用してフルパッケージでご提供をいたします。

【Zoho CRM導入・運用支援 テレワーク助成金パッケージ】

  1. Zoho CRM初期設定
  2. データインポート代行
  3. 運用マニュアルの作成
  4. 初期導入研修
  5. 運用保守

 

助成金を活用いたしますので、すべて実質無料でご提供します。
※助成金はあくまで採択された場合に助成されるもののため、採択されない場合は費用負担が発生します。こちらは必ず採択されることを保証するものではありませんので予めご了承ください。

助成金申請も弊社がサポートいたしますので、「自社がテレワーク助成金を使えるのかわからない」「申込が不安」といった方もまずはご相談ください。

テレワーク助成金の申込締切は2020年5月12日2020年6月1日まで延長となりました!)となっております。また、申込みが多い場合は前倒しで終了する可能性もあるとのことで、ご興味がある方は早めにご相談ください。