Zoom:日本で最もダウンロードされているビデオ会議アプリケーション

近年では、ビデオコミュニケーションツール(ビデオ会議、Web会議)の普及が進み、離れている場所でもオンラインで会議が行えるようになりました。この記事では、日本でもっともダウンロードされているビデオ会議アプリケーション「Zoom Cloud Meeting」をサービスの一環とする「Zoom」の詳細をご紹介します。

 

ビデオコミュニケーションツールZoomの特長、機能、評判

ビデオコミュニケーションツールは、遠隔地と対面での打ち合わせを可能にし、打ち合わせのための移動をなくしコスト削減業務効率化を実現してきました。

その中でも「Zoom」は、使いやすさクオリティから日本でもっともダウンロードされているWeb会議のアプリケーション(*2018年6月17日現在のAppAnnie iOS および Google Playストア 「ビジネス・カテゴリー」ランキングより Zoom Video Communications、Inc.調べ 注1)です。早速その「Zoom」の機能や特徴を見ていきましょう。

 

Zoomのサービスについて

Zoomは以下の6つのサービスで構成されています。

  • ミーティング:Web会議サービス
  • ビデオウェビナー:Webセミナー放送のソリューション 
  • Zoom Rooms:高品質なビデオコミュニケーション
  • ビジネスIM:ビジネスチャット
  • H.323/SIP コネクタ:Polycom、Ciscoなどのビデオ会議システムとの連携
  • デベロッパープラットフォーム:アプリ連携の開発ができる

このようなサービス構成のZoomが、なぜ「日本で最もダウンロードされているWeb会議のアプリケーション」となっているのでしょうか?

その理由となるZoomの特徴をご紹介します。

 

Zoomの特徴

Zoomの特徴について、3つご紹介します。

安定した接続

Zoomはデータ通信量が低く接続が安定しているので、会議中に接続が切れてしまうリスクを最小限に抑えています。

充実した便利機能

Zoomは、画面共有デスクトップ操作ホワイトボードなど便利な基本機能が充実しています。

アカウント登録不要でWeb会議へ参加可能

Zoomは、会議に参加するだけであれば、案内されたURLにアクセスするだけ(スマホはアプリインストールが必要)でアカウントの登録が要りません。

 

無料版と有料版の違い

Zoomは無料版のアプリケーション「Zoom Cloud Meeting」と、さまざまな拡張機能を有する有料版から構成されています。無料版と有料版に分けてその機能をご紹介します。

無料版でも人数の少ないビデオコミュニケーションツールとしては十分な機能を備えています。無料版だけで以下の機能の利用が可能です。

  • 1対1の時間無制限通話
  • グループミーティング(40分制限、最大50人)
  • 通話の録画
  • ホワイトボード機能、画面共有機能、デスクトップ遠隔操作機能などの便利機能

また、有料版では、無料版に加え下記の機能を使うことができます。

  • 時間無制限のグループミーティング
  • 51人以上の招待
  • クラウド上への1GBまでの録画

1対1で使うのであれば、無料版でも十分な機能を備えています。もし人数や時間無制限会議に使うのであれば、有料版へのアップグレードがおすすめです。

 

Zoom Video Communications Inc.とは

Zoom Video Communications Inc.は2011年に創業された会社で、アメリカのカリフォルニア州サンノゼに本社があります。

日本でもテレビ会議のシェアNo1であるシスコシステムズのWeb会議ソリューション「Web EX」に関わるエンジニアによって設立されました。

ビデオコミュニケーションなどに関わる製品を幅広く提供しています。

 

様々なシステム連携Cisco、Polycom、Slackなど

既存のビデオ会議システムやグループウェア、ビジネスチャットツールなど、Zoomは多くのビジネスツールサービスと連携可能です。既存の環境にZoomを加えてもスムーズに使用することができ、より便利になりビジネスの効率が上がるよう設計されています。

 

ビデオ会議ツールとの連携

ビデオ会議ツールでは、日本でのシェアがそれぞれ1位と2位のCiscoPolycomとの連携が可能です。特にPolycomとはパートナーシップを結んでおり、スケジュールを統合したり、ワンタッチでビデオ会議に参加したりすることが可能です。

 

スケジューラー、ビジネスチャットツールとの同期

ビデオミーティングの予定をよく使うスケジューラーやビジネスチャットツールと同期しておけば、表示・設定したり、そこから参加したりすることができます。

連携できるツールには、SlackやMicrosoft(outlook)、Salesforce、Googleカレンダーなどがあります。

 

コンテンツ共有

クラウド上のファイル共有サービスと連携し、そこにアップロードされたコンテンツをZoomのビデオミーティングで表示することができます。

連携できるツールは、One Drive、dropbox、Google Driveなどがあります。

 

アカウント連携

すでに登録済みのアカウント情報を同期し、Zoomにログインすることも可能です。連携が可能なアカウントは、Microsoft(Active Directory)、Google、facebookなどです。

 

マーケティングオートメーションツール

マーケティングオートメーションの一環で行うウェビナー(ビデオセミナー)を、Zoomの機能で行うことも可能です。連携できるマーケティングオートメーションツールは、marketoなどです。

 

Zoomで業務効率化を図ろう

業務効率化やコスト削減などの効果が高いオンラインビデオミーティング。もし導入がまだであれば、さまざまなニーズに応えるビデオコミュニケーションツールZoomの無料版から試してみてはいかがでしょうか。

弊社トライエッジでは、Zoomなどオンライン会議ツールを使ったマーケティングの相談や会議なども行っています。営業やマーケティング活動において課題をお持ちの方は、遠方でもこうした形での打ち合わせが可能です。ぜひお気軽にご相談ください。