Eight:無料で便利!100万人が使う名刺管理アプリ

名刺を交換する機会は多いものの、会社としてではなく個人で管理する場合、名刺管理サービスにお金を払えないという人も多いのではないでしょうか。今回ご紹介するのは、無料で利用できる個人向け名刺アプリ「Eight」です。Eightは、アプリ内に広告が表示されずスマホやタブレット、PCそれぞれで閲覧が可能なほか、セキュリティ対策にもなる使い勝手の良さが人気を集めています。

 

100万人が使う名刺管理アプリ!Eightの特徴は?

Eightの最大の特徴は、なんといっても無料で正確な名刺情報を管理できるという点です。Eightでは、ユーザーがスマートフォンで撮影して登録した名刺データを、オペレーターが手動でデータ化しているため、ほぼ100%正確なデータ化が実現されています。

さらに、SNS機能を備えているため、名刺交換をした相手との情報交換をアプリ上で行うこともできます。

 

Eightプレミアムについて

Eightは無料でも十分な機能を備えていますが、名刺情報をさらに活用したい人のために、有料プラン「Eightプレミアム」も用意されています。

  • iPhoneアプリ:月額480円/年額4,800円
  • Androidアプリ:月額480円/年額4,800円
    (※2018年6月11日までにEightプレミアムを定期購入されていた人は、継続で月額400円または年額4,000円で利用が可能です。)

Eightプレミアムの詳しい機能については、こちらをご覧ください。

 

無料でも十分活用できる!Eightの使い方

Eightの利用方法について基本的な事項をご紹介します。

 

①アカウント作成

初めに会員登録を行います。アプリもしくはPCのブラウザ画面の案内に沿って進み、自分の名刺を撮影します(カメラをかざすと画像化・テキスト化され、氏名や連絡先に間違いがないか確認して登録)。次にパスワードを設定すると、登録が完了します。

 

②ログイン

アプリまたはPCのブラウザ画面にあるログインボタンを押し、登録したメールアドレスとパスワードを入力するとログインできます。

 

③プロフィールを設定

「プロフィール」タブをタップまたはクリックすると、プロフィール設定の画面に移行します。自身の学歴や基本情報等の編集や公開範囲の設定等を行うことができます。

 

④保有している名刺を登録

ホーム画面の「+」より、スマホカメラで名刺をスキャンします。複数の名刺を並べて一気に読み取ることも可能です。

相手がEightユーザーの場合、社名や名前で検索しリクエストを送信することができます。また、相手がEightユーザーでない場合は、メールを送ってEightに招待することもできます。

Eightの詳しい使用方法については、Sansan株式会社のホームページで確認できます。

 

運営会社「Sansan」とは

今回ご紹介した個人向け名刺アプリEightは、「Sansan株式会社」が運営しています。Sansan株式会社は、クラウド名刺管理サービスの企画・開発・販売事業を展開していて、Eight以外にも、「Sansan」というSFA(営業支援システム)やCRM(顧客関係管理)との連携が可能な有料のクラウド型名刺管理ツール名刺アプリも扱っています。

 

その他ツールとの連携・拡張性

Eightでは、外部ツールと連携することも可能で、所有している名刺の利用価値をさらに高めることができます。2つの連携ツールをご紹介します。

 

①Eight×日本経済新聞電子版

Eightで登録した名刺の会社名に関連したニュース記事が日本経済新聞電子版に掲載されたら、Eightのフィード画面上に表示させる機能があります。これにより、取引先に関連するニュースを簡単に知ることができます。

また名刺詳細画面から会社名をタップすると、過去の関連記事一覧が表示されます。記事の閲覧範囲は日本経済新聞電子版の会員種別に準じます。

 

②Eight×slack

Slackは、チームや企業が効果的にコミュニケーションを取れるチャットツールで、規模の大小にかかわらず導入している企業も非常に多くなってきています。

このSlackと連携することで、Eightに関する通知(相手の名刺の更新情報や新着メッセージなど)を、Slackのチャンネルで受けとれるようになります。

勤務先でSlackを導入している人は、基本的に常時Slackを開いているため、リアルタイムでメッセージの確認やクライアントの異動・昇進等を把握できます。

 

Eightを活用して人脈を広げよう!

本日は個人向け名刺アプリ「Eight」について、特徴や使い方をご紹介しました。今や名刺は単なる挨拶の道具ではなく、人脈を広げていくための、いわば自身の資産です。

名刺の管理や活用方法を改善したいと考えられていれば、ぜひ活用を検討してみてはいかがでしょうか。

また、弊社コンサルタントにご相談いただければ、名刺管理や活用方法について、より詳しくアドバイスやご提案をいたします。ぜひお気軽にお問い合わせください。