CAMCARD:世界で1億人が使用、個人でも法人でも使える名刺管理ツール

本日は、世界で最も利用されている名刺管理ソリューション「CAMCARD」についてご紹介します。「CAMCARD」は法人利用も個人利用もでき、世界で1億人以上の人が使用している非常に人気の高い名刺管理サービスです。今回はそんな「CAMCARD」の特徴や料金体系などについて、個人版と法人版に分けて紹介していきます。

 

1億人が使用している?!CAMCARDの特徴

まず、「CAMCARD」の特徴について紹介します(※「CAMCARD BUSINESS」も共通)

 

高精度の読取

「CAMCARD」の特徴の一つは、文字を読み取る精度が非常に高いことです。スマホで名刺を撮影するだけで、情報が自動的に連絡先として保存されるため、名刺情報の登録が非常にスピーディーで、業務のムダが省けます。

 

名刺データに情報をつけ、簡単かつ効率的に管理

名刺の検索や並び替えが非常に簡単に行えることに加え、画像やテキストで、名刺に追加情報や相手とのやり取り履歴を添付することができます。リマインダー設定やタグ追加も可能であり、登録した名刺データを有効に活用できます。

 

顧客とCAMCARDで名刺交換

世界で最も使用されている名刺管理サービスであり、国内でも多くの人が利用しています。「CAMCARD」に自身の名刺情報を登録しておくことで、顧客とスマートに名刺交換が行えます。

 

法人版CAMCARD BUSINESSにはこんな特徴が!

前述した「CAMCARD」の特徴に加え、法人版の「CAMCARD BUSINESS」には、以下の特徴があげられます。

 

①  圧倒的なデータ化速度

高精度の読取に加え、オペレーターによりスピーディーにデータ修正が行われるため、最短5分で名刺データを利用することができます。

 

②  簡易SFA機能

商談情報や業務上のタスクを、名刺データに紐付けて作成することが可能です。そのため、名刺データを社内で共有すれば、あわせて商談情報・タスクを共有相手が閲覧でき、社内の情報共有や営業支援が効率的になります。

 

③  数多くの言語に対応

日本語だけでなく、英語・中国語を含めた17ヶ国語に対応しているため、海外との取り引きが多いビジネスマンや企業にとっては非常に助かります。

 

以上、個人版と法人版の違いについて挙げさせていただきました。

簡単に言うと、法人版は個人版に比べて「セキュリティ機能」「名刺共有機能」「スキャン登録可能」など、ビジネス利用に特化した機能を有していることがこの2つの違いとなります。

 

CAMCARDの料金体系やプランについて

CAMCARDの料金体系や、プランについてもご紹介します。個人版と法人版で料金や機能が異なりますので、気になる方は個人向けの無料プランから試してみても良いかもしれません。

 

個人版「CAMCARD」の料金プラン

個人版は基本無料で使用することができますが、月額480円(もしくは年額5,000円)を支払うことにより、プレミアムアカウントとして利用できます。

[プレミアムアカウントの特徴]

  • 名刺スキャン枚数無制限(無料であれば500枚)
  • 複数デバイスでアカウントを利用可能
  • アプリ内の広告非表示
  • 専用ホットラインに問合せ可能
  • アカウントにVIPアイコンが付与

 

法人版「CAMCARD BUSINESS」の料金プラン

法人版には3つのプランと補正オプションがありますが、非常に低価格で利用することができ、これも世界中で最も使用される理由となっています。

 

法人版プラン

  • STANDARD 1,400円/ID/月(5ID~、高精度校正の枚数(ID/月):20枚)
  • PROFESSIONAL 2,200円/ID/月(5ID~、高精度校正の枚数(ID/月):50枚)
  • ENTERPRISE 500円/ID/月(100ID~、高精度校正の枚数(ID/月):0枚)

 

オプション

  • 人工補正枚数追加100枚 / 3,000円

 

運営会社「イントシグ」とは

「CAMCARD」、「CAMCARD BUSINESS」は「イントシグ(INTSIGInformationCorporation)」が運営しています。イントシグは2006年に設立され、スマートデバイスをベースとしたビジネスアプリ及びソリューションを開発・提供している企業です。シリコンバレー・上海・東京・ソウルに事業所及び開発センターを有し、「CAMCARD」、「CAMCARD BUSINESS」、「CamScanner」など、高い画像認識技術を活かしたアプリをリリースしています。

 

その他ツールとの連携・拡張性

法人版の「CAMCARD BUSINESS」では外部のツールと連携し、登録した名刺データを活用することが可能です。現在は、Salesforce、DynamicsCRM、SugarCRM、Google Contact、Kairos3、Oracle Sales Cloudに連携することができます。

 

圧倒的な利用実績に裏付けられた使いやすさとコストパフォーマンス!

この記事では、世界で最も利用されている名刺管理ソリューションである「CAMCARD」についてご紹介しました。

「CAMCARD」は個人でも法人でも利用可能で、有料の法人版であっても比較的低コストでビジネスに役立つ機能を使うことができます。法人版は現在10日間の無料トライアルも利用できるため、名刺管理ツールの導入を検討されている方はぜひ一度体験してみてはいかがでしょうか。

また、名刺管理ツールでデータ化した顧客情報は、CRMツールと連携させて営業やマーケティングに活用するのがおすすめです。弊社トライエッジでは、名刺の取り込みからCRMツールとの連携、CRMツールを使った施策の提案など、名刺を活用したマーケティングや営業の支援を行っています。

名刺管理ツールの導入によりマーケティングや営業活動の生産性をアップしたいとお考えの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。