ペルソナとは? | CRM / SFA関連用語

CRM/SFA関連用語集

ペルソナとは、商品やサービスの主力ユーザーとして考えられる人物像のことです。年齢・性別・家族構成・職業・年収・居住地などの属性データはもちろん、趣味嗜好や価値観、ライフスタイルなど、性格や行動パターンも具体的に掘り下げて設定していきます。

ペルソナの語源はラテン語の〈persona〉で、もともとは「(劇などで使用される)仮面」という意味を持っていました。そこから転じて「(俳優が演じる役割としての)役柄」を指すようになり、英語で「(個人の)人格」や「(人格を持った)人」を意味する「person」の語源にもなりました。マーケティング用語として使われる「ペルソナ」は、これらの意味から、「(人物としての)役柄」「個人の人格」を指すと考えて良いでしょう。

ペルソナを設定することによるメリットは、具体的な人物像をターゲットとして想定することにより、担当者間でイメージを共有できる点です。また、ターゲットが何を求めているのか、どういったプロモーションが刺さるのかなどを具体的に想像することが可能になるので、より精度の高いマーケティング施策を考えることができます。