CTAとは? | CRM / SFA関連用語

CRM/SFA関連用語集

CTAとは「Call To Action」の略で、日本語では「行動喚起」、つまりユーザーに取ってほしい行動を促すための施策を指します。

Webサイトであれば、サイト訪問者にイメージやテキストを見せ、資料請求や会員登録など具体的な行動を起こさせることがこれに当たります。「資料請求をする」「会員登録をする」などと記されたボタンもCTAの一つで、ユーザーに行動をさせるために必要不可欠な要素です。

CTAは、成約率(コンバージョン率)のアップを図るうえで非常に重要な役割を持ちます。たとえば、せっかく自社ホームページを訪れたユーザーがいても、お問い合わせフォームへのリンクを見つけることができず、ページを離れてしまうことがあります。ユーザーの動きを分析し、適切な場所にボタンを配置することで、コンバージョン率を高めることができます。