CVとは? | CRM / SFA関連用語

CRM/SFA関連用語集

CVとは、Conversion(コンバージョン)の略です。直訳すると「交換」「転換」などの意味がありますが、Webマーケティングにおいては、Webサイト上で最終的な目標とする成果のことを指します。

たとえば、ECサイトだと「購入」をコンバージョンとして設定するのが一般的です。しかし、商品が高額で検討に時間がかかる場合や、まだサイトや商品自体の知名度が低い場合など、その時の施策や状況に応じてコンバージョンを「購入」ではなく「会員登録」や「問い合わせ」にすることもあります。

Webマーケティングでは、コンバージョンをより効率良く獲得し、アップさせていくことが必要不可欠です。そのためには、サイトを訪れるユーザー(ページビュー数やユニークユーザー数)を増やすのはもちろんのこと、CVR(コンバージョンレート)を上げるための施策を考えていくことも重要となってきます。