Zoho MAツールZoho MarketingHubでのポップアップで顧客エンゲージメントを高めよう

Zoho MarketingHub ポップアップ機能紹介

Zoho社から提供されているマーケティングオートメーションツール(MA)のZoho MarkeringHub。さまざまな機能が用意されていますが、ユーザーインターフェースが英語であることもあり難しいと感じている方も多いかもしれません。今回は、Zoho MarketingHubの基本機能のひとつであるポップアップ機能(Smart pop-ups)について使い方を説明します。

 

マーケティングオートメーションツール(MA)Zoho MarketingHubとは

Zoho MarketingHubとは、Zoho CRMなどビジネスに必要なアプリケーションを展開するZoho社が開発したマーケティングオートメーションツール(MA)です。

Zoho MarketingHubでは、見込み顧客の創出から育成、評価まで、Web上で行われるあらゆる施策を一元的に管理できます。また、Zoho CRMなどとも容易に連携できるため、Webやメールで行った施策から反応があった顧客をZoho CRM上で管理し、商談・受注につなげていくことも可能です。

マーケティングオートメーションのシステムは多数ありますが、データの一元的な管理や、CRMとのスムーズな連携が難しい場合もあります。Zoho MarketingHubはZoho CRMと簡単に連携ができるため、プログラムなどの知識がなくても顧客データ管理の一元化が可能です。

Zoho MarketingHubの機能詳細については、下記解説記事を参照してください。

「Zoho MarketingHub」ZohoのMA(マーケティングオートメーション)ツールを徹底解説!

2019.08.29

 

Zoho MarketingHubでのポップアップ機能(Smart pop-ups)の使い方

ポップアップ機能とは、Webサイトの訪問者に案内を行うもので、特定のページに誘導・問い合わせをさせたり、メールアドレス等の顧客情報を取得したりすることを目的としています。

どのタイミングでどのポップアップを掲載するかは、訪問者の現在の状態と、彼らにどのような態度変容を起こしたいかによって使い分けが必要です。今回は、ポップアップをZoho MarketingHub上でどのように表示させるのか、どのような設定が必要なのかについて説明していきます。

 

Zoho MarketingHubでエンゲージメントポップアップを作る

まずは、Zoho MarketingHubにログインします。下記画像はZoho MarketingHubにログインした直後のホーム画面です。

Zoho MarketingHub ポップアップ01

Zoho MarketingHub ポップアップ01

 

次に、左のメニューから[Lead Gen]を選択し、その中にある[Smart pop-ups]を選択します。

Zoho MarketingHub ポップアップ02

Zoho MarketingHub ポップアップ02

 

[Smart pop-ups]の画面の右上に[Create pop-up]というボタンがあるので、ここからポップアップの新規作成を行います。

Zoho MarketingHub ポップアップ03

Zoho MarketingHub ポップアップ03

 

[Create pop-up]に進むとどのようなポップアップを作りたいのか選択する画面が出てきます。Zoho MarketingHub上では2種類のポップアップ作成が可能です。

ポップアップの種類
  • サインアップポップアップ
    • サインアップポップアップは、メールアドレスの獲得や簡易的な問い合わせなど訪問者の情報獲得を行うためのポップアップです。したがって、コンバージョンの増加がポップアップ表示の目的です。
  • エンゲージメントポップアップ
    • エンゲージメントポップアップでは、特定のページに誘導するためのポップアップを表示させます。訪問者が必要としているであろうコンテンツに誘導し、エンゲージメントを高めるのが目的です。

今回は、エンゲージメントポップアップの作り方について説明します。

Zoho MarketingHubではサインアップポップアップとエンゲージメントポップアップの2種類があり、どちらを作るかを選択する必要がある
Zoho MarketingHub ポップアップ04

Zoho MarketingHub ポップアップ04

 

エンゲージメントポップアップを選択すると以下のような画面になります。まずはじめにデザインを選ぶところからスタートします。

Zoho MarketingHub ポップアップ05

Zoho MarketingHub ポップアップ05

 

Zoho MarketingHubでは、デフォルトで使えるポップアップテンプレートが多数用意されています。
※ただし、用意されているテンプレートは英語のみのため、日本語に変更する必要があります。

テンプレートには、大きくわけて

ポップアップテンプレートの種類
  • レギュラー
  • 縦長
  • 横長

の3タイプがあります。

縦長のポップアップは表示サイズがかなり大きいので特別目的がない場合は控えた方が良いでしょう。横長のポップアップテンプレートはPCでの表示には適していますが、スマホなどのデバイスでははみ出してしまうので、配信先をPCに限定する必要があります。

Zoho MarketingHub ポップアップ06

Zoho MarketingHub ポップアップ06

Zoho MarketingHub ポップアップ07

Zoho MarketingHub ポップアップ07

Zoho MarketingHub ポップアップ08

Zoho MarketingHub ポップアップ08

 

表示させたいポップアップのテンプレートを選択したら次はデザインを行います。左側のメニューで各種デザインやポップアップに表示させる文言を変更します。

設定するのは以下の項目です。

ポップアップの設定項目
  • ポップアップのボディ
  • 表示させるテキスト
  • ボタン
  • ポップアップを非表示にさせるボタン
  • 透過(透明度)
Zoho MarketingHub ポップアップ09

Zoho MarketingHub ポップアップ09

 

まず[ポップアップのボディ]について変更します。

ポップアップボディの設定
  • Background image:背景画像の設定
  • Image Opacity:画像の透過度
  • Border radius:境界線の丸み
  • Background:背景色
  • Border:境界線の色
  • Width:横幅
  • Height:縦幅
Zoho MarketingHub ポップアップ10

Zoho MarketingHub ポップアップ10

 

次に[テキスト]の編集をし、背景画像やテキスト内容について変更を加えます。ここで表示されるテキストがポップアップをクリックされるかどうかで重要なポイントになります。このポップアップを押すと訪問者にどんなメリットがあるのかをじっくり考えた上で文言を設定するようにしましょう。

Zoho MarketingHub ポップアップ11

Zoho MarketingHub ポップアップ11

 

次に[ボタン]を設定します。[On Click redirect to]と記載されている部分では、ボタンを押すとどのページに切り替わるのかを設定します。次の項目の[Same Tab]と[New Tab]では、現在訪問しているページがそのまま別ページに切り替わるのか、それとも新しいタブを開いてページを表示させるのかを設定します。

Zoho MarketingHub ポップアップ12

Zoho MarketingHub ポップアップ12

 

次に[ポップアップの削除ボタン]のデザインを選択します。

Zoho MarketingHub ポップアップ13

Zoho MarketingHub ポップアップ13

 

最後に[透過度]を設定します。特に必要はありませんが、ポップアップが目立ちすぎるのが気になる場合、透過度を上げると主張を和らげることができます。

Zoho MarketingHub ポップアップ14

Zoho MarketingHub ポップアップ14

 

 

最後にプレビューを行います。右上の[Preview]ボタンを押すと、実際のWebサイトでどのようにポップアップが表示されるのかを確認できます。

Zoho MarketingHub ポップアップ15

Zoho MarketingHub ポップアップ15

 

Zoho MarketingHubでポップアップをどのページに表示させるかを設定する

次に、デザイン設定したポップアップをどのページに表示させるかを設定していきます。設定画面から[Pages]を選択します。

なお、この[Pages]では一度配信を開始してしまうと、あとで変更することができません。したがって、設定を行う際は、その内容を慎重に設定するようにしましょう。

Zoho MarketingHub ポップアップ16

Zoho MarketingHub ポップアップ16

 

まずはじめに、どのドメインにてポップアップを表示させるのかを設定します。Zoho MarketingHubでは複数のドメイン(WEBサイト)を登録できるので、複数のWEBサイト(メディア)を持っている場合は、ポップアップを表示させたいドメインを選択してください。

また、誰に対してポップアップを表示させるのかを選択します。

ポップアップ表示対象
  • Anonymous visitor:名前がわかっていない訪問者
  • Known visitor:名前がわかっている訪問者
  • Both:上記の両方

ここで名前がわかっている or わかっていないというのは、Zoho MarketingHub上で個人を特定できているかどうかを指しています。メールアドレスなどとともに過去の訪問履歴を元にクッキー等で個人が特定できている場合は、その人に対してポップアップを表示させるということになります。

Zoho MarketingHub ポップアップ17

Zoho MarketingHub ポップアップ17

 

次にどのページを配信対象とするのか選択します。ポップアップは、指定したWEBページのどのページに訪問したときに表示するのかを設定することができます。ただし、この設定では「このページのみを除外する」というような設定ができませんので、設定方法を注意する必要があります。

Zoho MarketingHub ポップアップ19

Zoho MarketingHub ポップアップ19

 

次に、どのような基準でポップアップを表示させるのかを設定します。例えば、自然検索で来た人のみに表示させる、特定の設定タグを経由してきた人のみに表示させるなど細かい設定を行うことができます。

Zoho MarketingHub ポップアップ18

Zoho MarketingHub ポップアップ18

 

[Source]の部分では、以下の4つの項目について設定することができます。

Sourceの設定
  • Goals:別機能にて「ゴール」を設定でき、そのゴール条件の訪問者
  • Missed goals:別機能にて「ゴール未達成」を設定でき、そのゴール未達成条件の訪問者
  • Source:どこ経由でWebサイトに訪問したのか
  • Medium:Webサイトにパラメータを設定していた場合などに使用します
Zoho MarketingHub ポップアップ20

Zoho MarketingHub ポップアップ20

 

例えば、今回は、上記にて[Source]を選択した場合ですが、その場合、以下のような検索エンジンから来たのか、Facebookから来たのか、などといったWEBサイトへ訪問した元のSourceを選択することができます。

Zoho MarketingHub ポップアップ21

Zoho MarketingHub ポップアップ21

 

Zoho MarketingHubでポップアップをいつ配信するのかを設定する

ここまで設定が完了したら、最後にポップアップをいつ配信するのかを設定しましょう。

Zoho MarketingHub ポップアップ22

Zoho MarketingHub ポップアップ22

 

配信日時を設定すると、ピンポイントでポップアップによる訴求が可能です。たとえば、キャンペーンなどで期間が限定されており、その指定時間だけ特定のページに誘導したい場合、あらかじめスケジュール設定を行っておくと、リアルタイムでポップアップのオンオフを切り替える必要もなくなります。

Zoho MarketingHub ポップアップ23

Zoho MarketingHub ポップアップ23

 

[スケジュールの設定]が完了したら、最後に[Activate]を押せば、ポップアップの配信がスタートします。

Zoho MarketingHub ポップアップ24

Zoho MarketingHub ポップアップ24

 

ポップアップが[Active]という状態になっていれば、配信がされている状態となります。ここで配信がしっかりされているかどうかを確認してください。赤くなっていればストップされている状態、グレーになっていれば下書きの状態なので、配信状況を確認しましょう。

Zoho MarketingHub ポップアップ25

Zoho MarketingHub ポップアップ25

Zoho MarketingHub ポップアップ26

Zoho MarketingHub ポップアップ26

 

これでポップアップ機能の作成方法についての説明は終わりです。

 

Zoho Campaignsでも使えるポップアップ機能

Zoho MarketingHubのポップアップは、必要な情報をWeb訪問者に訴求するためには有効ですが、訪問者全員に同じメッセージを表示させてもあまり意味がありません。Web訪問者が今どういった状況かによっても、発信すべきコンテンツや導きたいWebページは異なります。しっかり仮説を立てた上でポップアップを設計し、より顧客との関係性を高めるためのツールとして活用できると良いでしょう。

ちなみに、現在では、メール配信ツールのZoho Campaignsでもポップアップ機能を使用することができます。Zoho MarketingHubは現状Zoho社が日本語でのサポートを行っていないため、弊社では、Zoho MarketingHub単体よりも、Zoho CRM/Zoho SalesIQ/Zoho Campaignsの3つを連携させて使うのをおすすめしています。

Zoho CRM / Zoho Campaigns/ Zoho SalesIQ ではじめるマーケティングオートメーション。設定手順の流れを解説

2019.12.12

株式会社トライエッジ(Zoho社認定パートナー)では、Zoho社のマーケティングオートメーション関連ツールの導入・運用支援・運用代行を行っております。

  • マーケティングオートメーションについてよく知りたい
  • マーケティングオートメーションを検討している
  • 他社のマーケティングオートメーションを導入しているが、運用がうまくいっていない
  • Zoho社のアプリでマーケティングオートメーションの機能を使いたいが、どのアプリが適しているかわからない

このような場合はぜひご相談ください。